スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰路

 ご主人様は、そのホテルの地下駐車場に車を預けて、待ち合わせ場所に歩いて来られたということでした。帰りは直接送ってあげようと言われて、疲れていた私はご好意に甘えることにしました。

 シャワーは、ふたり一緒に使いました。ご主人様の精液を洗い流してしまうのは残念でしたが、匂いが原因で家人に気づかれてしまう危険は、避けなくてはなりません。ご主人様の体は、私がお流ししました。

 チェックアウトされるご主人様を、私はロビーの端で待ちました。恥じらいに俯いていた私が視線をふと上げると、彼の後ろ姿が見えました。あのスーツの下にどんな肉体があるか、私だけが知っている。そう感じました。

 


 しかし、本当は私だけではないのです。私に夫があるように、ご主人様にも奥様がいらっしゃいます。セックスレスではないとおっしゃっていたので、少なくとも奥様はその逞しさをご存知のはずです。

 ご主人様の車は、ゆったりとしていました。その助手席で、私は帰路につきました。体は疲れきっているのに、心がふわふわと飛んでいきそうなほど弾んでいました。膣の中には、まだご主人様の屹立が埋め込まれているような感じさえします。

 道すがら何をお話ししたか、私はよく覚えていません。途切れ途切れの会話だった気がしますが、それは気まずいとかではなく、すぐに私が放心してしまったからでしょう。あるいは、ご主人様もそうだったのかもしれません。

 ひとつだけ、忘れる筈もない話題は、次の約束を交わしたこと。約二週間後にまたお会いできるという喜びを胸に、私は自宅の最寄り駅近くで車を降ろしていただき、駅のトイレで普段着に着替えました。
Pagetop
お読みいただくにあたって

 この「人妻肉便器」は、成人向けブログです。18歳未満の方は読んではいけません


 また、肉便器という言葉やSM、不倫・婚外恋愛に嫌悪感がある方は、お読みにならないでください。

最新の投稿
カテゴリ
リンク
ブログランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へにほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ アダルトブログランキングへEROGGER!ブログ検索&ランキングへ 駄文同盟へエログー(エログランキング)へ FC2ブログランキングへ人気ブログランキングへ X-reated SearchSM Book ブログランキングMAX相互リンクとランキングプラス
メタ情報
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。