スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待ち合わせ

 私たちが待ち合わせたのは、大きな書店の新刊売り場でした。私は少し早めに行って、小説を立ち読みしましたが、内容が頭に入ってきません。覚悟こそ決まっていたものの、変なことをしてしまわないか、嫌われたらどうしようと、あるのは心配ばかりでした。

 周囲で本を選んでいる人たちがみんな、私がこれからする事を知っているような気がしました。着ていったのは少しドレッシーなワンピースでしたが、気合が入りすぎていて、ひと目で不倫デートだとわかってしまう服装のようにも感じられてきて。

 それらが気に掛かりつつも、つい文章にのめりこんでいたのでしょう。肩を軽く叩かれて、そこにご主人様の笑顔があった時は、びっくりしました。しかし、それ以上に安堵もしたし、胸が高鳴りました。私は、抱かれるために来たのです。

 


 ご主人様は、その場で私の服装を褒めてくださいました。近くにいる人たちに聞こえはしないかと心配でしたが、一方で誇らしい気持ちもありました。待ち合わせたのが昼前だったので、まずは食事をということになり、歩いてホテルへと向かいました。

 書店を出てからは、ご主人様が先を歩かれ、私が10メートルほど離れてついて行きます。平日の午前中ですが、この辺りはとても人通りが多いために、どちらかの知り合いに見られていないとも限らないので。

 目的のホテルに着いて、和風レストランに入りました。上階にあったのと、オープンなつくりのカフェレストランに比べ、人目に立ちにくいと主様に言われて。私はお蕎麦をいただき、ご主人様は確かお刺身定食でした。変なことをよく覚えてますね、私。

 この後に待っていることを考えると、味を楽しむどころではなかったのですが、箸を休めて目を上げると、そこにはいつもご主人様の微笑みがありました。
Pagetop
お読みいただくにあたって

 この「人妻肉便器」は、成人向けブログです。18歳未満の方は読んではいけません


 また、肉便器という言葉やSM、不倫・婚外恋愛に嫌悪感がある方は、お読みにならないでください。

最新の投稿
カテゴリ
リンク
ブログランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へにほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ アダルトブログランキングへEROGGER!ブログ検索&ランキングへ 駄文同盟へエログー(エログランキング)へ FC2ブログランキングへ人気ブログランキングへ X-reated SearchSM Book ブログランキングMAX相互リンクとランキングプラス
メタ情報
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。