スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旦那様の隣でオナニー

 口で受けた精液を私が飲み下すと、旦那様は「口に出すつもりはなかったのに、しょうがない奴だ」とか言いながらも、満更でもない様子でした。
 
 逢瀬の夜はそうして誤魔化すのが常ですが、飲精は旦那様の征服欲を強く刺激するようです。自分が出す精液のすべてを、私の上と下の口のどちらかで受け止めさせることで、自分のものだと安心できるとよく言っています。
 
 部屋の灯りを暗くし、羽毛布団にくるまって二人で横になります。旦那様はパジャマを着て、私は全裸です。前にも書いたように、冬は私もパジャマが許されますが、確かこの時は春でした。
 
 
 寝息を立て始めた旦那様に背を向けて、枕元に置いたポーチから携帯電話を取り出します。パスワードを入力して、メニューからいつも使っているチャットソフトを立ち上げます。
 
 ログオンすると、少ししてご主人様から返答が。初めての逢瀬以来、その日の夜は遅くなっても待ってくださっています。私にとっては、旦那様に抱かれても、自分はご主人様の奴隷だという意思表示なのです。
 
 妻としての務めを、口で済ませたと報告します。よくがんばったねと、ご主人様は褒めてくださいます。そして、ご褒美としてオナニーで気を遣るようにと命じられます。
 
 
 私は更に背中を丸め、頭ごと布団に潜り込みます。携帯の画面を見ながら股間に手を伸ばし、クリトリスに押しつけた指をゆっくりと動かします。
 
 フェラの最中は乾いていたアソコも、チャットを始めるとすぐに濡れ始めています。マン汁をクリに塗りつけ、絶頂近くまで高まったところで、ご主人様に「もう逝きそうです」と送信します。
 
「眠ってる旦那の隣で裸でオナニーなんて、本当にいやらしい牝だね。声にだけ気をつけて、存分に逝きなさい」
 いただいたメッセージに唇を押しつけ、昼間たくさん突いてもらった膣を指でえぐって、私は背徳のアクメを貪るのです。

口蓋に受ける精液

 日中にご主人様の調教をお受けした夜は、大きく張ったカリで肉ひだの隅々まで掻き回していただいた膣の感触を、旦那様のモノで上書きされたくないのです。
 
 ご主人様は唇にもキスしてくださいましたが、どこも汚したくないは妻として許されません。ペニスの側面に這わせた舌を、螺旋を描くように亀頭へと近づけていきます。
 
 
 ペニスの色やサイズ、形や味は本当に人それぞれですね。ご主人様の命令で、何人もの男性の屹立をおしゃぶりさせていただくようになって、しみじみと実感しています。
 
 私の知っている男根は、およそ二十本ほど。結婚前の性体験には、旦那様を入れて二人だけ。三人目がご主人様。残りのすべてが、ご主人様の連れてこられた男の方たちです。
 
 秘密を守れる男たちを厳選しているから安心しなさいと、ご主人様はおっしゃいます。守るべき社会的立場があって、奥様と私以外には抱かないと、お約束なさった方々です。
 
 旦那様のモノは、その中でもやや短くて細めです。喉奥を開くコツを掴んだ私には、根元まで咥えることも楽に出来ますが、苦しげな演技をしていた方が旦那様は喜んでくれます。
 
 
 根元に添えた手で茎をゆっくりとしごきながら、すぼめた唇を上下に動かします。硬くなったペニスに舌をねとりと絡ませながら、上目遣いに旦那様の表情を窺います。
 
「あっ! おい。もう……出そうだから、やめるんだ。あっ、やめっ!」
 旦那様は、かなり早漏気味です。両側から頭を掴んだ手が止めようとする前に、一気に性感を押し上げてしまうと、軟口蓋にしぶきがぶつかるのがわかりました。

性欲処も妻の務め

 旦那様は、オナニーというものをしません。私の体調が悪い時期も、私がセックス出来る状態になるまで待たれます。溜まってくるに連れ、不機嫌になるのがよくわかります。
 
 夫の世話を万全にすることが、妻たる者の務め。旦那様は結婚当初から、そう言い続けてきました。私自身も似た考えの父と、それに従って来た母の元に育ちました。
 
 父は昔気質の亭主関白で、母とは見合い結婚だったようです。母の実家はかなり貧しく、結婚を通じて父の家が救ったという事情もあって、父に逆らった母の姿を見た記憶はありません。
 
 ネットで知り合った同世代の女性たちと、幼い頃にどんな育ち方をしたか話したことが何度かあります。しかし、私ほどの男尊女卑家庭に育った方は、お話した中にはいらっしゃいませんでした。
 
 
 旦那様は長男で、下には妹がひとりいます。私たちは、ある意味で似合いの夫婦といえるのかもしれません。義父母は「家では何もしない夫と、すべての世話を嫌がらずにする妻」という夫婦だったようです。
 
 結婚はそういうものだと思っていた二人なので、家事全般はもちろん、夫の外出の仕度、冠婚葬祭の段取りも、すべて私がします。それが普通の夫婦だと、長い間信じていました。
 
 性欲の処理を旦那様自身にさせるなど、あってはならないこと。子づくりが完了した後も生でしたいと言われれば、私が避妊するのは当たり前だと考えたのです。

パジャマを脱がせて

 ご主人様に縛っていただいた縄の跡は、肌に残っていない。それをお風呂で確かめてはいても、裸の股間を広げることは、気づかれるのではないかという不安は拭えません。
 
 旦那様のパジャマの股間は、既に硬くなっています。旦那様のキスを唇で受け止めつつ、剥き出しの女性器に押し付けられるその膨らみに手を添え、ゆっくりと上下に擦ります。
 
 ねじ込んでこられる舌に自分の舌を絡ませ、吐息交じりの声で「こんなに硬くなって……」と囁くと、昂った旦那様はパジャマのズボンを自分で脱ごうとします。
 
「もう、せっかちなんだから……」
 意識して潤んだ目で微笑み、襟元のボタンに指を掛けて上から順に外していきます。両手がふさがるため、旦那様の舌を奥まで吸い込み、唇をきゅっとすぼめます。
 
「ここも、私の唇でこんな風に愛させて」
 パジャマの前をはだけ終えた手を、再び旦那様の股間に這わせます。ペニスをしごく手のひらと唾液で濡れた舌を同時に意識させることで、自然に口唇愛撫に導くためです。
 s
 旦那様との寝床は、結婚以来ずっとダブルベッドです。いったん体を起こした私は、ベッドから降りてカーペットの床にしゃがみこみ、旦那様の足を床に投げ出させる形にします。
 
 そして、パジャマのズボンを膝まで下ろしながら、下着の上から股間の膨らみにキス。時間を掛けすぎると、焦れた旦那様に股を広げて押し倒されるので、ブリーフも手早く脱がせます。

フェラチオ大好き

 ご主人様に性器を思い切り可愛がっていただいた夜は、旦那様のペニスを同じ場所に受け入れたくない。妻にあるまじき我がままには違いありませんが、それが奴隷としての偽らざる本音です。

 ご主人様に出会う前は、フェラチオそのものが嫌いでした。けれど、ご主人様の肉棒が私の口の中で、次第に硬くなってゆくのを何度も感じて、唇と舌でするご奉仕が大好きになりました。

 ご主人様の男根は、旦那様に比べて二回り以上は逞しい上に、フェラチオは基本的に手首を後手や頭上に縛られた状態でします。手が使える状態なら、旦那様のものは余裕で喉の奥まで呑み込めます。

 


 いきなり口淫が上手くなっては怪しまれるので、奴隷としての名前をいただいた直後は、ご主人様にするおしゃぶりの仕方は、旦那様には決してしないように気をつけていました。
 
 逢瀬のさなかにその話をしたところ、「性奴隷らしい舌使いで、旦那も喜ばせてあげなさい」とおっしゃってくださいました。それから、徐々に濃厚なフェラチオに変えていったのです。
 
 濃厚さを増した口唇愛撫を、旦那様には少し不思議がられましたが、「あなたにもっと感じて欲しくて、ネットでテクニックを調べてみたの」と言って誤魔化しました。適当なサイトを探すために、実際に検索もしてみました。
 
 寝室に入ると、すぐに私は裸に剥かれます。冬以外は、夫婦の寝室にいる間は、朝まで許されません。旦那様は全裸の私を押し倒すと、パジャマを着たままの腰を太ももの間にねじ入れて来ました。
Pagetop
お読みいただくにあたって

 この「人妻肉便器」は、成人向けブログです。18歳未満の方は読んではいけません


 また、肉便器という言葉やSM、不倫・婚外恋愛に嫌悪感がある方は、お読みにならないでください。

最新の投稿
カテゴリ
リンク
ブログランキング
にほんブログ村 恋愛ブログ 不倫・婚外恋愛(ノンアダルト)へにほんブログ村 恋愛ブログ 女の本音・女心へ アダルトブログランキングへEROGGER!ブログ検索&ランキングへ 駄文同盟へエログー(エログランキング)へ FC2ブログランキングへ人気ブログランキングへ X-reated SearchSM Book ブログランキングMAX相互リンクとランキングプラス
メタ情報
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。